2018-04-28 鴨川、乙浜クルージング

Back to Home Page


鴨川・千倉クルーズ

参加者:斉藤さん、金澤さん、小高さん、佐藤
    鴨川より合流:渡辺先生、田生さん
    乙浜まで:小高さん
    千倉より合流:理恵さん、望月

28日 諸磯集合後、9:20に出港
    洲崎まで登り一本。変針するごとに、風も振れて、着くまで登りでした。
    ビニミトップの支柱留め部品が劣化。またも修理案件が増えました。
    途中で、翌日の乙浜入港ルートを確認。白浜側から見るとテトラで判りにくいですが、鴨川側からの岸寄りルートを確認。
    15:50に海太郎に到着。
    奥村さんより指摘あり。大棒網の手前「海瀬島」を右に見るが正規ルートとのこと
    16時過ぎに、磯浜旅館の送迎車で、千倉に移動、途中、千倉駅にて、渡辺先生、田生さんと合流して旅館へ。
    本日は、石鯛の舟盛りとほたて焼でクルーズ1日目を乾杯。

29日 朝食後、8:40海太郎へ送迎してもらう
    9:30乙浜に向けて、出航。「海瀬島」を左に見て通過、水深は8~9mでした。
    ジブを上げたところ、ジブハリのシャックルが外れたので、メインだけで帆走。
    12時、乙浜の合わせ灯台に沿い入港。
    「しまや丸」へ連絡し、停泊場所の指示を受ける。他のプレジャーボートはなし。
    小高さんが、マストに登り、ジブハリを回収し、シャックルで固定しました。
    ジブカバーも、あちこち擦り切れがあり、「ペタックス」で補修。
    昼食は、チキンソテー、焼きそば、トマトサラダで、その後小高さんは帰路。
    本日も送迎車で、磯浜旅館へ移動。乙浜からは約10分と非常に近いです。16時21分千倉着で理恵さん、望月も合流。
    二日目は、鰹・イカの刺身や、サザエ焼き、天ぷら、望月差し入れの「獺祭」で乾杯。

30日 朝食後、乙浜へ送迎
    9時過ぎに、諸磯へ帰路。
    途中で、小雨がパラツキましたが、天気は概ね良好でした。
    本船航路で4隻ほどタンカーなど迂回しました。途中、三崎にて燃料150Lを補給。入港時は20NTと風が吹いていました。
    GW渋滞もあるので、15時過ぎには、撤収しました。
    参加の皆様、お疲れ様でした。