2022-03-19 下架&回航

Back to Home Page


2022年3月19日 シーボニア下架回航
参加者:斉藤オーナー、金澤さん、小高さん、佐藤
寒い前日までの雨も上がり、10度くらい暖かく回航日和です。
フォールディングも無事に取り付けでき、船底塗装も終えました。
山下さん、ありがとうございました。
給水後に、諸磯バースへ回航しました。
マストトップの風見がどうも固着されたのか、セール向きと会わずに正確ではありませ ん。しかし、テーブル下の風向は正常動作ですので、当面の間は様子見とします。
バースに戻り、オーニング止めの補修とステップ交換を行いました。
破損したオーニング止めは、斉藤オーナーに交換いただきました。他にも擦り切れ箇所あり、後日補強します。
ステップ部品が届いたので、交換します。
前回の取付時に、ステップ下部の浮きがあり、風化と金属疲労で割れました。
今回は浮かないように、傾斜付きの座金でハル面に合わせた対策をします。
しかし、なんと新しいステップのホール穴に、小さなクラックを発見し残念!日本製では起こらないでしょうね。
外側と裏側から、固まったボルトを取外して、交換しました。
今後、ショックをかけないように足掛けしましょう。合わせて減量も必要です(笑)
座金接着の間に、本日のモグモグタイム。前回の白湯ではなく、カフェオレとかりんとう、豆菓子、おせんべい。
お土産は、シーボニア桟橋の獲れたてワカメです。今年も諸磯では育っていないです。夜には、味ぽんで春を食しました。
ペラも直り、今後のクルージングが楽しみですね。