2022-07-10 給水配管二重化

Back to Home Page


参加者:斉藤オーナー、渡辺先生、大橋さん、小高さん、佐藤

ヒール時にトイレ給水口が海面よりでるため、ペラ本体口からも給水できるよう二重化を行いました。
工事前に、トイレ給水経路の水量確認、フィルタ一段目まで給水があります。
オーナー工場より、高圧ポンプをお借りして、ペラ配管内を掃除します。ペラ給水パイプへ、タンクに溜めた空気を高圧で吐き出します。
圧力3kgでは、ボコとでましたが、ゴミは確認できず。4kgでは、海面に湯垢のようなものが、でました。
さらに、5kgまで行いましたが、浮遊物はなしです。
給水は、タンク下からフィルタで濾され、下穴から冷却路へながれます。
サージカルタンク内フィルタには、細かいゴミがありました。
チーズ(T字配管)で、トイレ給水とペラ給水をまとめサージカルタンクへ吐出します
。 ホースの取付と空間がなく配管の取り回しに、難儀しました。可動部や電装部を避けて、エンジンルーム後方に据え置きました。
小高さん、改修作業ありがとうございました。
給水経路の切替、同時給水で、1+1=1を確認 また、水漏れはありません。
青空が出始めたので、一休み後に、試験走行を行いました。
ポート側がヒールで上がる時には、エアー防止のためバルブを閉じます。今後、下船時は、給水バルブを2ケ所閉じることとします。
これで、長年の給水問題は解決しましたので、クルージング楽しみです。